国会議員って、休みの日に何をやっているの?

 国会議員(衆議院議員に限っては)には、完全な休みの日はありません。私の知っる限り、365日、毎日何らかの活動を行っています。少なくとも、私が仕えていた、国会議員は、私が勤めていた間、一日も休みはありませんでした。

 年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みなど関係ありません。逆に、人が休みの時ほど、忙しいとさえいえます。

 1月は、選挙区内で催される新年会、1月下旬から6月下旬までは、通常国会、8月は、選挙区での夏祭りや、暑気払いへの参加、9月からは、大抵毎年開かれる臨時国会、12月は、税制関連の党内での審議に参加、また、選挙区での忘年会に参加します。

 人気商売なので、選挙区の人から声がかかれば、どんな小さな集まり、イベントでも参加します。回り切れない所は、秘書が代わりに参加することになります。選挙区が東京から近ければ、平日でも、お通夜・葬式、結婚式にも顔をだします。これまた、行けなければ、奥さんが代わりに行ったり、秘書が行ったりもします。

 とにかく、人が集まるところに行って、顔を売り込み、顔と名前を憶えてもらうことを行います。顔と名前を憶えて貰えていないのに、政策を売りこみようが無いわけですね。

 平日の夜にしても、年がら年中、会合・飲み会を2件、3件とはしごし、とにかく、人と会おうとします。東京以外の選挙区の議員は、赤坂、青山などにある議員宿舎をあてが割れていますが、多分、いくら早く帰っても22時は余裕で過ぎているのではないでしょうか。

 私も、ちょくちょく、赤坂の議員宿舎に宿泊をしていましたが、議員は、朝は5時には起きて、日経新聞を読んで、資料の読み込みをしていた記憶があります。新しい議員宿舎に宿泊したことはありませんが、昔の赤坂の宿舎は、昭和20年代くらいの都営アパートの様な内装で、ステンレスの汚いボロボロのお風呂、ボロボロのモルタルの壁に、みすぼらしい小さな汚いキッチンで構成された2DKの間取りでした。

 良いのは立地だけで、近くに個人経営のコンビニに毛の生えたお店があるだけで、ろくな買い物もできない環境だったのを覚えています。

 国会中継で、国会議員が居眠りをしている場面が良く報道されますが、あれは、寝たくて寝ているのではなく、寝ているという意識はなく、「気づいたら寝ていた」言う方が正解なのかもしれません。

 寝ているシーンがテレビで映りだされて、批判を浴びることも多いですが、決して良いことだとは思いませんが、あえて批判を受け入れますが、個人的には、野党のように、審議の邪魔をしないだけ、まだマシなのではないか?と思ってしまいます。

 国会議員が休めるのは、本会議と委員会に出席している時だけなのかもしれませんね。

 しかし、少なくとも、答弁席にいる議員は、寝ない努力はするべきではあると思います。