政治資金パーティーのパー券を売る!② こんなところが協力してくれる闇

 さて、奥の深いパーティー券の販売なのですが、 実は、どこという事は、言うことは言うことができませんが、パーティー券の販売を手伝ってくれる役所が存在していました。パーティーを行うことを、大臣官房あたりのお偉いさんに相談するのですが、100枚くらいは、引き取ってくれていた記憶があります。

 これは、普段から、関係値を築いておく必要があるのですが、いわゆる「族議員」として、常日頃から活動を行って、役所が要望する政策を後押しするとう、実績が必要となります。そのバーター取引の様に、捌いてくれるくれるとう実態がありました。流石に、現在、この様なシステムがあるのかは不明ですが、私が現役の当時は、確かに、存在していました。

 それパーティー券はどこに流れていくのか、というと、ズバリ「天下り先」になります。聞いたことのない様な、会社から、パーティー券販売用の口座に、パーティー券代金が振り込まれてきます。メジャーなところから、超マイナーな企業まで、さまざまです。流石は、中央省庁といったところでしょうか。